憧れのデザイナーズマンション、住む前に知っておきたいメリット・デメリット

日記

デザイナーズマンション。この言葉を聞いただけでもワクワクする耳心地の良さ。
憧れのスタイリッシュな暮らしを想像し、いつかは住んでみたいと思う方も多いと思います。
僕もそんな妄想をしながら物件選びをしたことを覚えています。

今回はコロナ禍真っ只中だったため、オンライン内見のみで入居を決めました。
それもあってか、実際に住んでみて「想像と違うなー」という部分を多々発見することになりました。

今回、住んでみて気づいたことやメリット・デメリットについて書いていきます。
今後デザイナーズマンションへの入居を考えている方のお役に立てたら嬉しいです!!

スポンサーリンク

メリット

とにかく見た目がカッコいい

外観からオシャレな雰囲気が出ているので、ここに住んでいると紹介するだけでもうらやましがられるかも。
内装も統一感があってオシャレです。

ご近所さんに品がある

学生、ファミリー、単身と色々な方が住んでいるみたいですが、
すれ違う人皆さん清潔感があって洗練された雰囲気をもっています。
ここに住んでるからそう見えるだけかもしれませんが、少なくとも変な人はいません。

デメリット

良い意味でも悪い意味でも、いつもと違うので使い勝手は多少悪いのかなと思います。

構造が特殊

ぱっと見ただけでは気づきにくいですが、ちょっとした棚の高さや扉の開き方など少しずつ違和感を持ちます
物が多い人にはあまり向かないかもしれません。
また、うちの場合は段差が多く自動掃除機を使うのは不向きです。
そこは手動で掃除機をかけなければならないので手間になってしまいます。

普通あるものがない

うちには大きいガラスばりの窓がある代わりに網戸がありませんでした。
確かに大窓に対応した大網戸はダサい(笑)
虫も入ってこないから必要ないと言えばないですが、気づいたときちょっと驚きました。

修理がスムーズに行かない

これはちょっと問題で、おそらく他のデザイナーズマンションでも共通することかと思います。
ドアが外れて修理を頼んだとき、金具が特殊なものを使用していたらしく管理会社も右往左往していました。
よくよく話を聞いてみると、管理会社にとっても構造が一般的な物件と違うため管理が難しいとのことでした。

感想

僕の場合、コロナ禍だったため実際に内見を行わないオンライン内見で入居を決めました。
オンラインだとやっぱり機能よりも見た目重視になってしまうので、特にデザイナーズマンションを選ぶ際にはオススメできません

ただ、本当にカッコいいはカッコいいので、
物を少なくしてスタイリッシュな生活をしたい、という方にはオススメです!

今回の記事は僕の住んでいるデザイナーズマンションについてなので、もちろん全部に共通することではありません。しかし、デザイナー’sと言う以上は、作り手の感性や個性を反映した普通の物件と違う物件であるはずです。
いつもと違う物件という前提で、先に挙げたデメリットに注意して選ぶことで、後悔のない物件選びができるのではないでしょうか。

そして、実際に内見して、その違いを肌で感じてから入居を決めましょう
満足いくデザイナーズマンションLifeに役立てていただけたら嬉しいです!
では、スタイリッシュな生活を~

コメント

タイトルとURLをコピーしました