コロナワクチンの仕組み。妊娠中に打っていい?

医療

コロナ(COVID-19)大流行りの今日この頃、なかなかワクチン接種が進まない現状にいらだっている方は多いかと思います。やっと医療従事者が打ち終わりつつあって、一般の方も予約したという声をよく聞くようになりました。

既に打たれた方もいるかと思いますが、今回のコロナワクチンは私たちが今まで打ってきたワクチンとは根本的に原理が異なります。自分のワクチン接種の体験談と共に、そもそもコロナのRNAワクチンとは何か、解説していきたいと思います。
まず、今後の話を分かりやすくするため、遺伝子から細胞を形作るタンパク質が合成される経路(セントラルドグマ)から見ていきます。

スポンサーリンク

タンパク質合成経路(セントラルドグマ)

これを聞いて、
カヲル「これは、、リリス!そうかそういうことか」
シンジ「何を言ってるのかわからないよ!カヲル君!!」
などなど、シーンがフラッシュバックした方、仲良くなれそうです!(笑)

遺伝情報は「DNA→mRNA→タンパク質」の順に伝達されます。この基本原則は「分子生物学の中心原理」という意味でセントラルドグマと称されています。

わかりやすく例えるなら、DNAという設計図をもとに、mRNAという発注伝票を作って、タンパク質という必用な部品が作られるイメージです。このような経路をうまく使って細胞は自分の形や細胞としての機能を維持したり、分裂して増えたりしています。
また、他者の生産ラインを利用して自身を増やしていくのがウィルスです。

コロナウィルスとは

コロナウィルスは、ウィルスの中でもRNAウィルスに分類され、遺伝情報の乗っているRNAをタンパク質で覆っているような構造になっています。コロナウィルスはヒトと違って、このRNAが設計図と発注伝票、両方の役割をしています。
ウィルスはそのものだけでは増殖できないため、ヒトの細胞に入り込み、ヒトの複製機能を勝手に使ってウィルス自身を複製していきます。ウィルスが発注伝票(mRNA)をバンバン出すことで、ウィルスの部品(タンパク)がどんどん作られてしまうわけです。

ここまでで、ウィルスがヒトの生産ラインを使って自分を増やすことが何となくわかっていただけたでしょうか?続いて、ワクチンの解説に移ります。

コロナワクチンの原理

ここからは、そもそもコロナワクチン、RNAワクチンって何?という話。
コロナワクチンはRNAワクチンというのはどこかで耳にしたことがあると思います。しかし、このRNAワクチンの仕組みをちゃんとわかっている人は意外に少なく、医師に聞いてもちゃんと説明できた人はほぼいなかったです(新しい技術なので学生はちゃんと知っていました)。

従来ワクチン

まず、従来ワクチンは弱らせた菌やウィルス、もしくは無毒化したものを体に入れることで、免疫を獲得させていました。弱い病原体を入れて免疫を作る手法なので、何となくイメージも湧きやすいかと思います。

RNAワクチン

一方で、RNAワクチンはヒトにウィルスの一部をあえて作らせることで免疫を獲得させます。一見めっちゃ気持ち悪いですが、先ほど話したことのデジャヴですよね。

ウィルスは自分の発注伝票mRNAをヒトの生産ラインに乗せることで増えていました。
このRNAワクチンは発注伝票mRNAの一部をまねてしまうことで、ヒトにウィルスの一部を作らせて、身体にウィルスが入ってきた状況を模倣します。このウィルスの一部をヒトの身体が異物と判断することで免疫を獲得するのです。
因みに、mRNAの一部とするのはウィルスの完全体を作ってしまったら困るからです。
考えた人すごすぎ!

RNAワクチンの特徴

メリット① 開発が早い

今回、なぜ従来ワクチンではなく、RNAワクチンなのか。RNAワクチンは従来ワクチンと比較して鋳型さえ確立してしまえば開発が早いからです。

従来のワクチンでは病原体を無毒化ときに緻密な条件検討が必要です。病原体の死骸なら何でも良いというわけではなく、形を維持した状態で無毒化する必要があります。例えるなら、完璧な剥製を作るイメージです。それには、試薬の量や配合、温度管理など、病原体によって様々でかなりの時間を要します。

一方でRNAワクチンは、ウィルスの遺伝情報を読んでワクチンに採用するmRNA配列を決めるだけ。
先程の例で踏襲すると、mRNA発注伝票の形式は決まっているので、何を発注するか記載する、という感じ。
RNAは4種類の核酸(A,C,G,U)の順番が変わるだけなので、ウィルスの遺伝情報さえわかればすぐに作成へ移ることができます。因みに、遺伝情報は次世代シーケンサーという機械を使って数時間~数日で全配列を読み込むことができます。

メリット② 変異に強い

変異株が出たとき、従来ワクチンでは条件検討がもう一度必要になりますが、RNAワクチンならRNAの配列を変異に合わせて変えるだけなので、変異に合わせて作り直すのも簡単というメリットがあります。

デメリット 管理が難しい

RNAはタンパク質やDNAに比べて非常に不安定です。温度や品質管理が悪いとすぐに分解されてしまいます。ほこり一つ入ろうものなら瞬く間に分解されて失活してしまいます。-80℃という極低温での管理が必要というのはそういった、RNAの不安定性が理由となっています。

妊娠中の接種

胎児の身体や臓器は妊娠4週から12週あたりに形作られ、その期間を器官形成期と言います。コロナワクチン投与を検討する方は、この期間を避けた妊娠12週以降に接種するようにしましょう。そもそもコロナワクチンは胎児に影響を与えるものではありませんが、器官形成期を避けることで赤ちゃんへの影響を極めて小さくすることができます。

なお、コロナウィルス陽性で陣痛発来してしまった場合は緊急帝王切開が奨励されています。経腟分娩は周りに感染させるリスクが高いからです。
また、分娩後は赤ちゃんと母親ともに隔離となり面会することはできません。医療者側も最小限の人数で感染防御をしての対応となるため、緊急の処置が遅れる可能性もあります。そういったリスクを回避する意味で、ワクチン接種をお勧めします。

ただし、コロナワクチンはまだ新しいもののためデータが少なく、最終的には自己判断となります。ワクチンを打つリスクと、ワクチンを打たないで感染してしまうリスク、よく考えて検討しましょう。

ここまで、コロナワクチンがどういうものか説明してきました。これらの事を知るとニュースの理解も深まるかと思います。最後に実際に僕が打った感想も載せておきます。

コロナワクチンを打った感想

1回目
接種当日は接種部位の違和感程度でその他の症状もなかったです。
翌日、注射した方の肩が水平以上は挙がらないくらい痛かったですが、それでも翌々日には痛みも消えて打ったことを忘れるくらいでした。

2回目
それと比較して2回目はかなりきつかったです。接種当日は1回目とほとんど変わらず違和感のみ。
翌日から全身倦怠感と頭痛に襲われました。発熱はなかったです。まともに仕事もしてられなくて、昼の外来の合間に1時間半くらい寝かせてもらいました。
それでも翌々日には症状も消えて完全復帰。

噂には聞いていましたが、やっぱり2回目の方が圧倒的にしんどかったです。

おわりに

少し難しい内容でしたが、このワクチン原理はなかなか面白いなと思いまとめてみました。医師でもわかってない人は多いので説明できたら見直されるかも!
コロナ禍が終息することを切に願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました